【レコルト】パンをプレスしてホットサンドが作れる『プレスサンドメーカー プラッド』と『2ウェイグリル アメット』の違いを解説

レコルトの『プラッド』と『アメット』おすすめ生活
スポンサーリンク





今回は同じレコルトブランドのパンでホットサンドが作れる『レコルト プレス サンドメーカー プラッド』と『レコルト 2ウェイグリル アメット』のこの2点の家電の特徴や違いを知りたい方に解説していきます。
大きさが違うだけで同じような感じに見えるこの2つにも、違いがあります。
用途に合わせて使用できるように、違いをチェックしていきましょう。

焼き魚
レコルト2ウェイグリルアメットで焼いた魚

パンでホットサンドを焼けるレコルトブランドから『プレスサンドメーカー プラッド』と『2ウェイグリル アメット』の大きな違い


2つの家電の違い

1.ホットサンド専用の『レコルト プレスサンドメーカー プラッド
ホットサンド以外も作れる『レコルト 2ウェイグリル アメット

プラッド
写真はホットサンドが得意なプラッド
アメット
上写真はさまざまな食材グリルできる

2.プレートの種類と取り外しについて

3.仕様(サイズ・消費電力等)


それでは3つの詳細を詳しくみていきましょう。

パンをプレスしてホットサンドを作る専用『プレスサンドメーカー プラッド』

同じレコルトでも『レコルト プレスサンドメーカー プラッド』はパンをプレスすることが主です。
綺麗な焼き目で焼くことができます。

プラッドでナンを焼く
プレスして焼く

ホットサンドをたくさん作りたい方向けの『レコルト プレスサンドメーカー プラッド』とさまざまな具材がグリルできる『レコルト 2ウェイグリル アメット』



まず、パンをホットサンドしていろいろな具材を挟んで毎日楽しみたい方は『レコルト プレスサンドメーカー プラッド』の方が使いやすいです。

プラッドで焼くスコッチ3つ
レコルトプレスサンドメーカープラッドで焼いたスコッチ

パンの耳までカリカリと美味しく焼ける事、パンの耳をしっかりプレスされ、ある程度の厚み(5cm程)でも対応できるでしょう。

パンを挟んで本体のフタを閉めた時、ハンドロックを5段階で調節できます。
6枚切りパンでも上手に挟めば綺麗にプレスされます。
ホットサンドの出来上がりは、具だくさんの切れ目を見ることが楽しみになりますよ。

気になる事としては、タイマー式ではないため、本体とは別にタイマーを用意しセットする必要があります。
2分半ほどでできますが出来上がるまでは、その場から離れられないといったことがありますのでお伝えしておきますね。
話が戻りますが、『プラッド』はキルト模様のきれいなホットサンドが出来上がります。

ホットサンド以外でしたら、おにぎりが焼けたり、中華まんプレスしたりできます。

プラッドの記事についてはこちらにも詳細記事がありますので、良かったらご覧ください。


そして、次のような物は調理できません。

1.液だれの多い材料(ジャム、クリームパンなど)

2.加熱より膨らむ材料(餅など…べとべとにくっついてしまうといったこともあります。)
3.生地を流し込む材料(パンケーキなど)

焼肉
レコルト2ウェイグリルアメットで焼くお肉



それに対し、『レコルト 2ウェイグリル アメット』は上の写真のように、野菜やお肉・魚、ケーキ、お好み焼きなどさまざまな具材を焼くことができます。
さまざまな具材をグリルできる分、煙、におい、油跳ねなどは気になるでしょう。
具材によっても違いますよ。
『レコルト 2ウェイグリル アメット』についての記事はこちらにもあります。
プレスサンドメーカー プラッド使用してわかったメリット・デメリット…

↓↓↓↓↓↓




プレートの種類と取り外しについての違い

レコルトプレスサンドメーカープラッドで焼いたパン
レコルトプレスサンドメーカープラッドで焼いたパン

上写真はレコルト プレスサンドメーカー プラッドです。

『レコルト プレスサンドメーカー プラッド』の場合はプレートの取り外しができません。
ですからお掃除のやり方も違ってきます。
こびり付いたお掃除の様子はこちらのブログから見ることが出来ます。

↓↓↓↓

上写真はレコルト 2ウェイグリル アメットです。

『レコルト 2ウェイグリルアメット』はフラットプレートというお好み焼きや、目玉焼きなどを焼きやすい平らなプレートがあります。
そしてもう一つ、凹凸プレートがあります。

こちらはお肉を焼いたりしたときに油が凹凸の間に落ち、油受け皿に落ちてくれます。

他にもさまざまな具材を食卓で焼いて召し上がることができます。
フラットプレートと、凹凸プレートはそれぞれ2枚ずつ入っています。
こちらは、取り外しができるので、プレートの丸洗いは可能です。



仕様(サイズ・消費電力等)違い

アメットとプラッド



レコルト プレスサンドメーカー プラッド


電源・・・・・・交流100V 50/60Hz
消費電力・・・・700W
外形寸法・・・・約13.0(W)×21.0(D)×12.0(H)㎝
プレートサイズ・約12.7(W)×14.5(D)㎝

重量・・・・・・約960g

材質・・・・・・本体:フェノール樹脂
・・・・・プレート:アルミダイキャスト(ノンスティック加工)

電源コード長・・約1m




レコルト2ウェイグリル アメット

電源・・・・・・交流100V 50/60Hz

消費電力・・・・900W

外形寸法・・・・収納時:約26.5(W)×23.0(D)×13.0(H)㎝

・・・・・・・・展開時:約26.5(W)×41.0(D)×8.0(H)㎝

重量・・・・・・約2.2㎏(プレート含む)

材質・・・・・・本体:フェノール樹脂
・・・・・・・・プレート:アルミダイキャスト(ノンスティック加工)

電源コード長・・約1.1m



このような感じになっています。

共通して付属にあった物


付属レシピはどちらにも入っている



レコルトパンを美味しくホットサンドにするレシピはレコルト プレスサンドメーカー プラッドの方は、80ページほどで説明してくれています。
レコルト 2ウェイグリル アメットの方は22ページほどです。
レコルト プレスサンドメーカー プラッド方は、レシピが豊富に載せてあったことと、開けた時に鮮やかな表紙が綺麗で、プレゼントにいいなと感じます。
何かのお祝いには、利用しようと思っています。
もちろんプレゼント用なら他にもありますので、探してみるものいいですね。

ホットサンドと野菜やパンを一度に焼ける?・・・
↓↓↓↓

レコルトのパンを美味しいホットサンドにする『レコルト プレスサンドメーカー プラッド』といろいろな食材をグリルで美味しくしてくれる『レコルト 2ウェイグリル アメット』はこちらから


レコルトというブランド名で、エーアーオーブンや、コーヒーメーカーなどの調理家電を特に扱う『ウィナーズ株式会社』と言うところで開発などを行っているそうです。
キッチン家電がメインでさまざまな種類のホットサンドメーカーも見かけます。

東京に本社を構えていて、家電のイメージをお洒落にしてくれた!そんな感じを受けました。
今回の2つの家電を貼っておきます。

Amazon | レコルト プレスサンドメーカー プラッド ホットサンド マットレッド RPS-2(R) | récolte | アイスクリームメーカー 通販
レコルト プレスサンドメーカー プラッド ホットサンド マットレッド RPS-2(R)がアイスクリームメーカーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。






Amazon | レコルト 2ウェイグリル アメット RWG-1 recolte 2Way Grill Amet (レッド) | récolte | ホットプレート・グリル鍋 通販
レコルト 2ウェイグリル アメット RWG-1 recolte 2Way Grill Amet (レッド)がホットプレート・グリル鍋ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まとめ


今回はパンを美味しくホットサンドできるレコルトの家電2つを解説していきました。
同じレコルトから、パンで作るホットサンドが得意な『レコルト プレスサンドメーカープラッド』とさまざまな具材を調理するのが得意な『レコルト 2ウェイグリル アメット』の2つの違いをみてきました。

どちらにもホットサンドは焼けますが、レコルト2ウェイグリルアメットの方は、コッペパンに切れ目を入れて挟んで焼く形がよく見られます。

ちょっとしたことですが、パンの焼き方にも違いが2つの家電で違いますので良かったら参考にしてみてね。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

また遊びに来てね。


タイトルとURLをコピーしました