レコルトのグリルで焼きナスを作ろう!(2ウェイグリル アメットを使用)

レコルトグリルの焼きナスおすすめ生活
スポンサーリンク





今回は、レコルトのグリル焼きナスを作ってみました。
『レコルト 2ウェイグリル アメット』で焼きナスを焼いたらうまくいくのか…。
ナスを焼くことは初めてですが…これから夏に向けてナスはたくさん出番があるので、『アメット』で試してみます。
もし手元にレコルトのアメットがある方で、ナスはまだグリルで試したことがないな…という方や、『レコルト 2ウェイグリル アメット』がどんな家電なのか知りたい…そんな方向けに向けて解説していきます。
ナスの表面の皮は剥かないかたちでカットしてそのまま作りましたので、ご了承ください。



レコルトグリルで焼きナスを作ろう!(2ウェイグリル アメット)

ナスとズッキーニ




①『レコルト2ウェイグリル アメット』で焼きナス

ナスを切った物



今回は『レコルト 2ウェイ グリル アメット』で焼きナスを作りました。
アメットで焼くにはさまざまな具材を焼きましたが、ナスをレコルトグリルで出来る事を、楽しみにやってみました。

結果を言うと、ナスは綺麗に半分に切ったつもりでも、プレートにナスを置いた時、ナスの高さがさまざまで違うので、グリルで蓋をしても焼きむらが出てしまいます。
その点だけを注意し、焼き上がりをチェックしていくと上手にできるでしょう。



レコルトセット

②今回はナスの表面は剥かない出来上がり




焼きナスと言うと、やり方も様々です。

焦がして焼いた後に流水で剝くやり方や、(この場合は、しっかり焦がしているので、剝いた方が良いでしょう。)

そして、ない方が好きという方もいらっしゃいますね。

お好みの食べ方で試してみるのも良いでしょう。
今回は剝くのではなく、そのままグリルでやります。
焦げ方の様子を見ながらやっていくと良いでしょう。

剝くと決めている場合は、先に切れ目を入れておくと後で剥ぐ時にやりやすいようです。


フライパン派?オーブン派?それともグリル派



焼きナスをフライパンやオーブンで焼いた場合とグリルした場合で少し違うと感じるのは、グリルの場合はナスの素材や風味を活かしたままいただけるという感じです。

もちろんフライパンでも美味しくできるので、いろいろと試してみるのがいいですね。
グリルは、ヒーターから直に熱を受け、ナスを加熱していくかたちです。
フライパンで皮のまま油で揚げるように焼くことも美味しいですね。
これは、お好みになりますね。
今回グリルで焼いていきますので、ナスの素材を活かした美味しい仕上がりとなりました。
油もそれほどかけなくても大丈夫でした。
表面は剝かなかったのですが、切り込みなどを入れてグリルで焼くと良いでしょう。
焼きナスは魚焼きグリルを使いたくないといった場合にも今回の『レコルト 2ウェイグリル アメット』は良いかも知れませんね。
良かったらグリルでも試してみてね。



レコルトのグリル アメットで焼きナス作り(実践)

①レコルトのグリルアメットで焼きナス



レコルトのアメットで焼きナス

1.ナスは洗って、キッチンペーパーで水気をよくとります。

2.切れ目は表面を剥くことはしないので、今回は熱の通りを良くするために少し切り込みを入れる程度にしました。


3.グリルアメットに電源を入れプレートを温めておきます。
ナスは、必要であれば食用油をかけておき、焼く準備をしておきます。


4.凹凸プレートが温まったら、ナスをプレートに並べます。

そのままでも焼けるとは思いますが、半分にきっただけなので、茄子自体に厚みもありますし、やはりアメット本体の上部を蓋にしてグリルする方が中まで早く熱が通るでしょう。

ナスの具合にもよりますが、5~6分程度で一度蓋を開けて様子を見ながら焼いていくといいでしょう。

注意したいのがナスの大きさによっては焼きにムラが出るかも知れません。

実際、細くなっている部分は上下でしっかりプレートが当たっているとは限らないので、その点だけは様子を見ながらやると良いでしょう。



5.出来上がったら、生姜や鰹節、醤油など、お好みでかけてあげましょう。

写真↓↓↓↓出来上がり


②レコルトのグリル 焼きナスを試食




焼きたてのナスはとっても美味しかったです(笑)
ナスはやはりこのようにして食べると美味しいですものね。

ぜひ、今年の夏もナスをたくさん召し上がってくださいね。

焼きナスと御飯

③焼きナスを焼いた『レコルト2 ウェイグリル アメット』の簡単な紹介

レコルトグリルアメット開いたところ





これから使用していくだろう…『レコルト2ウェイグリル アメット』の詳細記事もあります。
ホットサンド専用の『レコルト プレスサンドメーカー プラッド』も載っています。

ホットサンドメーカーを使うことでわかったメリット・デメリット
↓↓↓↓



まとめ

今回は焼きナスを『レコルトの2ウェイグリル アメット』で作ってみたので解説してきました。

グリルでの様子や出来上がりまで、イメージしていただけたでしょう。
食材がいろいろと高くなる中、お家で出来る事、美味しい物を見つけて健康生活ができたらいいですね。
もちろん、健康志向だけでは物足りないという方は…
美味しいホットサンドが焼けるお話もあります。
(笑)

良かったらご覧ください。

菓子パンを使ったスイーツをホットサンドメーカーで!
↓↓↓↓

ここまでお読みいただきありがとうございました。
また遊びに来てね。

タイトルとURLをコピーしました