ホットサンド専門の【プレス サンドメーカー プラッド】はシンプルな焼き方と片付けが特徴

スポンサーリンク


ホットサンド専門でお家で作りたいなら「プレス サンドメーカー プラッド」はホットサンドを主にプレス出来るようになっています。
シンプルにホットサンドさえ焼ければいい、ホットサンド以外はやらないと決めている方にはおすすめです。
コンセントをさして、電源を入れたら予熱を開始するのですぐに焼く(プレス)することができます。
今回はホットサンド専門で焼きたいという方にはちょうど良いので、良い点も悪い点も読みつつ、シンプルな焼き方や片付け方が気に入ってもらえたら楽しく焼けると思うので見ていきましょう。




ホットサンド専門で格子模様に焼ける レコルトサンドメーカープラッド

プレスサンドメーカープラッド
プレスサンドメーカー プラッド

①ホットサンド専門で十分な方は『レコルト プレスサンドメーカー プラッド』

朝ご飯におかずも一緒にホットサンドと焼きたい、という方はレコルトプレスサンドメーカープラッドでは物足りなさを感じることでしょう。
逆に、ホットサンドを専門にとにかく焼ければ良し!という方もいらっしゃいますね。
どちらを選ぶかは、お好みや使い方次第なのでじっくり考えていくと良いでしょう。
ここでは、ホットサンド専門で焼けるプラッドについてが主になりますが、色々なパターンのホットサンドメーカーがあるという事を知っておいて損はありませんね。
プラッドは、パンをプレスして出来上がるとお洒落な格子状の模様に焼けて出来上がります。
見た目もシンプルながらお洒落で、片付けていなくても置いておけるというそんな良さもあります。
また、ホットサンド専門であることで、食パンをホットサンドにしたい時はボリュームのあるホットサンドをしっかり押さえて焼くことが出来ます。
5cmのボリュームでさえも、好みの強さで調節して抑え、焼くことが出来ますのでその辺は便利と言えるでしょう。



オートミール生地のホットサンド
オートミール生地のホットサンド

②タイマーなし・プレートは外せないけど拭き取るだけ簡単


タイマーは付いていないので、ご家庭にある物を利用する必要があります。
その点が不便さを感じる方もいるでしょう。
プレートは固定式になっています。
ですから、片付けをする時には綺麗な布やキッチンペーパーなどで拭き取り清潔を保つ必要があります。
チーズや、具材の焦げ付きなどでは、水に浸したティッシュなどを置いておけば、取れやすくなります。
ですから、お掃除も洗う事をためらう方はこちらでも良いかもしれませんね。
水洗いの清潔さを求める方は、プラッドではなくプレートの取り外しが可能なホットサンドメーカーを選びましょう。

焦げ付きについてのブログはこちら

あなたは ホットサンドがとにかく焼ければいい派? それともホットサンドと他の具材両方で使いたい派?

①ホットサンドと他の具材が焼けるホットサンドメーカーの例

では、ホットサンドとホットサンド以外が作れるホットサンドメーカーはどんなものがあるのかと言えば、1つ例をあげておきます。
こちらは、仕切りが真ん中にあるので、例えば、右側でホットサンドを焼き左側で目玉焼きとベーコンなどと分けてしかもいっぺんに作ることが出来ます。
朝の忙しい時間に良いかもしれませんね。

ブルーノ BRUNO ホットサンドメーカー 耳まで焼ける 電気 ダブル ホワイト BOE044-WH
いつもの朝食が華やかに!遊び心のある焼き目のホットサンドが簡単に作れます。耳を切らずにそのままのせられる大きめのプレートだから、時短。本体は縦置きできて、電源コードが脚に巻き付けられるのでスッキリ収納できます。

ホットサンド『プレスサンドメーカープラッド』はどんなホットサンドメーカー?

①パン耳までカリっと焼けて具材がたっぷり挟める『プラッド』

『プラッド』はパン耳までカリッと焼け具材がたくさんは冷めるということが特徴の一つです。
焼きムラが気になる、といった声も一方ではあるようですが、そこまで気にならない、という方もいます。
ある程度全体は焼けますので、パンの挟み方も焼きムラの原因の一つになるかも知れません。
また、パン耳をしっかりと圧着できるように作られています。
それでも圧着されない時は、具材の偏りよりや、パンの偏りなどさまざまな原因も考えられます。
食材なのでなかなか難しい部分ではあります。
また、プラッドはホットサンド専門であるとお伝えしていますが、例えでお伝えするとこんなものはプレスでいます。
例えば、焼きおにぎり・メロンパン・などはプレスして作ることができました。
ですから、全て出来ないというわけではないので、プレスサンドメーカープラッドを購入した場合は、一緒に入っている冊子を参考にすると良いですね。
たくさんのメニューが載っています。





②さまざまな食材で『プラッド』を使用し焼いてみた 例

今までにもたくさんのホットサンドを『レコルト プレスサンドメーカー プラッド』で焼いてみました。
ブログでもたくさんご紹介していますので、ここでいくつかのブログをご紹介します。



まずは、こちらのレコルトプレスサンドメーカープラッドの紹介ブログにもなりますので良かったらご覧ください。

プラッド以外の物も少し載っています。




レコルトプレスサンドメーカープラッドで、和風のホットサンドも作りました。




さまざまな具材でホットサンドが作れます。





今回お話してきたプラッド

レコルト プレスサンドメーカー プラッド ホットサンド マットレッド RPS-2(R)
見た目もおいしい、食欲をそそる断面がたまらない。[プラッド]は具材がたっぷりはさめるから、さらにボリューミーでカラフルなホットサンドが作れます。 熱伝導にすぐれた固定式プレートだから、“約2分半で耳までカリッ、中はしっとり”と焼き上げます。挟む具材次第でアレンジも無限大♪豪華な書籍仕様の80ページ50レシピ掲載のスペシ...

ホットサンド専門の『プレス サンドメーカー プラッド』はホットサンドを専門に焼きたいと思っている方に便利

レコルト『プラッド』はパン耳までをカリッと焼きたい方やホットサンドを専門で焼きたいと思っている方にはおすすめです。
ホットサンドメーカーには、他の具材も一緒に簡単に焼ける物もありますので、(目玉焼き・ウインナーなど)どんな風に使用していきたいのか考えていくと良いでしょう。
『プラッド』の場合は具材も沢山は挟めたり、タイマーはないものの、予熱をして2分程でホットサンドが完成します。
様々な良い点、気になるが点あると思いますのでご自分に合った物ホットサンドメーカーを見つけることが出来たら良いですね。
ここまでお読みいただきありがとうございました。
また遊びに来てね。








タイトルとURLをコピーしました