【ホットサンド】丸いまな板で広くて使いやすい! 野菜をカットしてそのまま食卓へ並べてもOK

ホットサンド 丸いまな板でそのまま食卓へおすすめ生活
スポンサーリンク


ホットサンドを作る時に丸いまな板を利用してみました。
丸いまな板?言葉だけではうまく伝わらないかも知れませんが、思っていたよりも使用しやすかったので書いてみました。
まな板を新しくしようかと考えているあなたは、候補の1つに入れてもらえると良いかも。
良かったらご覧ください。





【ホットサンド】を作るときに便利!丸いまな板で広く使いやすい

今回はこちらのホットサンドを作るときにも便利だと感じた、丸いまな板を見つけたのでご紹介します。

ホットサンドを作るときは具材がたくさん

ホットサンドを作るときは具材がたくさんあり、普通にカットしていてもまな板の上は野菜だらけ、ということもしばしば。
いろいろな物をパンに挟みたくて、具材にする野菜をカットしてはお皿へ移動させ、またカットと言う少し面倒な感じでした。
もちろんホットサンドに限らず、食材をカットするごとに手元の場所は狭くなっていきます。
まな板はもう一枚欲しいなと思っていた矢先に見つけた使いやすそうな丸いまな板がありました。

カットする具材がたくさんでも安心の広さがあるまな板

野菜をたくさんカットするとまな板の上が狭くなります。
ホットサンドは特に種類がいろいろあって、細かくカットするのでまな板にそのままカットして具材を置きたい感じでした。
もちろんお皿に移せば良いのですが、単純にもう少しまな板が広かったらなと感じていました。
そこで、見つけた丸いまな板。
丸い分、広さを利用して食材を置いて置けるという便利さがあります。

ホットサンドを作るときにまな板の上が具材でいっぱい


そんな時に見つけた丸いまな板。

ホットサンドを作るときも丸い まな板が活躍

ホットサンドの具材をカットしても、丸いまな板ならスペースが広くなりある程度そのまま、まな板に置いておいてもお皿もいらず広く使えるようになりました。
また、カットした時の感触は、柔らかでエキストマー素材ということで滑りにくさもありますから、堅い物を切る時にも力を入れやすいです。

ホットサンド以外でも丸いまな板はカットしてそのままおもてなしの場にも利用可能

カットする時だけではなく、こんな事でも便利です。

食材を切り分けたら

食材を切り分けたらそのまま食卓へ持っていけます。または、食卓でそのままカットして召し上がっていただけるので、そんな点が便利です。
まな板感のない感じが良いですね。
また、色は黒の他にもありましたが黒はのせたお料理が映えることもあり、黒の方が人気がありそうです。


まん丸ではないので、片付けでも乾くまでまな板をたてかけておけます。
食器洗い機でも洗う事ができますが、大き目なのでサイズの確認をした方が良いでしょう。

まとめ

今回はホットサンドを作るときに利用するまな板で丸いまな板を利用してみました。
いろいろな種類の具材を利用するホットサンド。
まな板が丸く大きいと、カットした食材を隅に置いてどんどんカットできます。

・食材が見やすい。(黒を選んだ場合。)
・耐熱エラストマー・カットした時に弾力性があり切りやすい。(刃後が戻りやすく雑菌が入りにくいのだそう。)
・まん丸ではなく、1カ所がまっすぐになっていますからたてかけた時安定できます。
・熱湯消毒大丈夫です。
・食洗器で洗うことができますが、大きいので場所をとります。大きさを確認しましょう。
・食材が滑りにくいのでカットしやすいという利点もありました。
・食卓でそのまま使ってもおかしくないから便利。

*小さ目なまな板が好きな方は、しっかり大き目なのでサイズ確認が必要です。
*堅いしっかりしたまな板が好きな場合は、このまな板は柔らかいまな板になっていますので気を付けてください。
*ここでは個人的な感想になっていますので、ご了承下さい。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
また遊びに来てね。

タイトルとURLをコピーしました