【コーヒー】のフレンチプレスは使い方が1つじゃない?お洒落で便利な器具だった⑮

コーヒーのフレンチプレスは使い方が1つじゃない?⑮コーヒー
スポンサーリンク


コーヒーを作る時に使用する『フレンチプレス』。使い方をコーヒーだけで使用するものと思い込んでしまっていませんか?
コーヒー作りでフレンチプレスを見ることが多いですね。
実際私もコーヒーを作る器具の中にまとめて置いています。
しかし、せっかくフレンチプレスを購入したのなら、1度は試してみたいコーヒー以外の使い方。
今回はそんなフレンチプレスのご紹介とコーヒー以外を利用してみたお話です。


フレンチプレスの使い方はコーヒーだけじゃない?特徴を知ってコーヒー以外も楽しもう

コフレンチプレスをコーヒーを作らなくなってしまい、しまっていませんか?
フレンチプレスの特徴を知れば、もう一度コーヒーやコーヒー以外も楽しめるかも知れません。

フレンチプレスとは

フレンチプレスはコーヒーを作るときの器具の1つとして利用されています。
コーヒーを抽出する時に利用し、コーヒー粉を蒸らすイメージです。
コーヒー粉にお湯の触れる時間がペーパードリップの時より長くなるので、豆の風味が出やすく淹れやすい器具です。

フレンチプレスの特徴


形はフィルターやネジが付いて複雑に見えますが、コーヒー作りに使用するにはこのフレンチプレスのみで出来る事や、実際の操作も単純で簡単にできます。
コーヒーで特徴をお伝えするなら、豆の挽き具合は粗挽きがおすすめで、フィルターの下のコーヒー粉を押さえこまず、蒸らしていくことができます。
抽出方法は浸漬式でシンプルな抽出方法です。
こちらのブログからフレンチプレスの方法などはご覧になれます。
【コーヒー】浸漬式のフレンチプレスで作る基本的な淹れ方③

また、フレンチプレスはもともと紅茶の器具として使用されていたようで、コーヒーで使用されるよりも先に紅茶が先だったということで、早速紅茶でも使用してみたくなりました。



フレンチプレスの特徴や使い方を知ってコーヒー以外も楽しもう


以上の様にフレンチプレスの特徴を活かして紅茶やエスプレッソで使えそうなミルク、簡単なお酢入り(ビネガー)ジュース(サングリア風)を作ってみました。


   

フレンチプレスの機能を理解せずに購入


ペーパードリップでコーヒーを淹れたらいいだけでは?と思っていましたが、誰が淹れても安定感のある味になりやすくフレンチプレスの特徴を活かせばコーヒー以外も楽しめそうです。

コーヒー以外でも使いたい

フレンチプレスの特徴など知らずに購入。
使いやすいことと美味しいコーヒーが飲めることで満足していました。
しかし、コーヒーの器具というのは学校の科学実験室のような物ばかり。
コーヒー以外でも何か出来ないの?と思った時にふと調べてみると先ほどの紅茶の話。
紅茶が良いのなら、もちろん緑茶やお茶関係はきっと利用可能でしょう。
特徴を活かせばなんでも利用出来そう。

そんなことから、他でも使用してみたら美味しい物に利用できました。
まずはここで基本となる紅茶を作ります。

フレンチプレスを利用して作るコーヒー以外の美味しい飲みもの


ここでは、こちらのフレンチプレスを利用しています。

紅茶


フレンチプレスはお湯を注ぐなどして温めておきます。
一旦お湯を捨てて、フレンチプレスに茶葉を入れ、沸かしたお湯を茶葉にかけていきます。
蓋をして3分程蒸らしたら、フィルターのプレジャーをゆっくり手で押して下げます。
温めたカップに出来た紅茶を入れていただきましょう。


サングリア風(ジュース)

フレンチプレスとフルーツ

果物をたくさん入れて、ここではお酒は使用せずサングリア風の飲みものを作ってみました。
果物から出る甘味や風味を利用して手搾りオレンジや酢入りの飲みものと簡単に混ぜてみました。
鍋で煮込むことはせず、フレンチプレスを利用してみました。

ここでは簡単な説明になりますが、材料として使用するなら、
・果物は・・・いちご レモン キュウイフルーツ ブルーベリー りんご パイナップルなどお好みのフルーツで。 また、ハーブなども良いでしょう。 

・ここではお酒ではなく、オレンジやミカンなどの搾り汁又は市販のお酢入りフルーツジュース   を利用してみます。

・果物は皮を良く洗い適度な大きさにカットしフレンチプレスに入れます。


・搾り汁または酢入りのフルーツビネガーも入れて一旦フレンチプレスのプレジャーを上下させます。(温かい飲み物と合わせれば蒸らされてフルーツの風味も出やすくなりますが、お好みでどうぞ。)

・あとは冷蔵庫で寝かせ数時間したら、お好みの飲み方で召し上がれ。

・できあがりもフルーツを入れてあげると綺麗で美味しそうに。  

フレンチプレスでフルーツを押し込む

温かいミルクを手動で作ってみよう

・ラテアート用などにミルクを用意したいならエスプレッソ30ccを用意し、牛乳は250㏄をまずレンジ又は鍋で温めます。(こちらは目安です。使用する量をご用意くださいね。)
この時牛乳は60℃を目安に温め、温め過ぎないよう注意が必要です。

・それが出来たら(レンジしない場合は、フレンチプレスもお湯などで温めておくと良いでしょう。)
フレンチプレスに温かい牛乳が用意できたら、早速フレンチプレスのプランジャー(つまみ部分)を上下に動かしていきます。空気を含んだふわっとした口当たりの良いミルクができます。

・牛乳に空気を入れるように膨らませます。
一遍に押し付けず、始めは牛乳の上半分からゆっくり動かしていけば、空気が入り始めますから、だんだんと全体まで押し込むかたちでプランジャーをを動かすと良いでしょう。

・空気でかさ増しされたミルクをラテアートやお料理などで使えます。




【コーヒー】のフレンチプレスは使い方が1つじゃない?特徴を知ってコーヒー以外も楽しもう まとめ

今回はコーヒーで使用するフレンチプレスは使い方が1つではなく、特徴を知ってコーヒー以外でも楽しもう!ということで、コーヒー以外も簡単ではありますがご紹介してみました。
フレンチプレスで、今回はよく言われている紅茶、そしてサングリア風ジュースと牛乳でミルクをご紹介してみました。
他にもフレンチプレスで作れる物を見つけて利用してみましょう。
扱いは丁寧に行う事おすすめします。(フィルターのあたりが繊細な為)

ここまでお読みいただきありがとうございました。
また遊びに来てね。

タイトルとURLをコピーしました