ほうれん草の胡麻和えを冷凍食品で作ろう!便利で簡単な秘伝のタレを作り置き(セブン菊川倉沢店)

ほうれん草の胡麻和えコンビニ商品等
スポンサーリンク




ほうれん草胡麻和え冷凍食品で作ってみませんか?
また、ほうれん草の胡麻和えだけでなく、焼いたり、煮たりしたものにこれからお伝えするタレ(秘伝のタレと…勝手に呼びます…。)を利用すれば、お料理で直前にいくつも調味料を混ぜたりしなくても、1度作っておけばいつでも使えて便利です。
良かったら、ご覧ください。




ほうれん草の胡麻和えをセブンの冷凍カットほうれん草で作ろう



今回は、様々な場面で活躍できそうな…まるで秘伝のタレ、とでも言っておきましょう…(笑)定番の調味料しか使用しませんし、簡単にできます。
そんなタレについても今回はご紹介しておきます。


①ほうれん草の胡麻和えを『冷凍カットほうれん草』で作ろう

ほうれん草の胡麻和えは…

冷凍カットほうれん草』(セブンイレブン)を利用して簡単に作れます。
一人暮らしの方や作り方を忘れてしまった方は、こちらでレシピをアップしておきますので、良かったらご覧ください。

まずは、秘伝のタレのお話の前に…秘伝のタレを使わない、ほうれん草胡麻和えレシピを載せておきます



②『冷凍カットほうれん草 胡麻和え』の本日のレシピ



冷凍カットほうれん草胡麻和え… 2人分』


材料
・カットほうれん草…1袋

・すりごま…8g

・砂糖…小さじ1
・しょうゆ…大さじ1/2

作り方
①凍ったままのカットほうれん草を皿に広げラップをかけずに電子レンジで加熱します。(500w3分、600w2分30秒)
②冷水にさらして、軽く水を切ります。


(***①②は、すぐに調理しなくてもよいのであれば、冷凍から、冷蔵に前もって移しておけば、熱や水にさらす必要もないでしょう。)

③すりごま、砂糖、醤油を混ぜ合わせます。
④ほうれん草に③を加え和えたら完成です。

ほうれん草のお味噌汁

『胡麻和え』は『冷凍カットほうれん草』と便利な秘伝のタレで美味しく召し上がろう


先ほどのレシピでは、砂糖や醤油をそれぞれ用意してほうれん草と混ぜ合わせていました。
しかし、秘伝のタレを1度用意しておけば、保管して様々なお料理に利用できて便利です。


①冷凍ほうれん草にも万能のタレを…


先ほどの、胡麻和えの時に秘伝のタレ(←なぜか、もう秘伝のタレと呼んでしまっている…)を利用するのも良いでしょう。

ほうれん草の胡麻和えも、秘伝のタレと胡麻でほうれん草を和えたらすぐにできあがりです。

②なんでもかけて使いやすいタレ(秘伝のタレ)を作ろう


それでは、秘伝のタレを作っておけるように、簡単ではありますが材料と作り方を説明しておきます。


【なんでもかけて使いやすいタレ【秘伝のタレ(笑)】
材料

・醤油…450㏄

・みりん…150㏄
・砂糖200g

作り方…鍋で40分~50分弱火で煮るだけ。
あとは、よく冷まして保管しましょう。
忙しい時の胡麻和え、煮魚、煮物等さまざまな場面で利用することができます。


③インゲンにも秘伝のタレ



冷凍ほうれん草胡麻和えだけではなく、インゲンにも使える秘伝のたれ…。

シンプルに…インゲンをフライパンで少しだけ多めの油を入れ、焦げ目がつくくらいまで焼き上げます。
炒めるというより、焼くというようなイメージでしょうか…。
その方が、経験としては、美味しくなります。

インゲンが好きな人は、あまりいないかもしれませんが、この焼き方と秘伝のタレの効果でインゲンが好きになる人もいます(笑)

とにかく中途半端な焼き方ですと美味しさが半減するかも?!知れません。

とは言っても、焼いてタレをかけるだけなのでタレさえ作っておけば、すぐにできます。

いろいろ試してみてね。


インゲン料理

おまけ…カットほうれん草のおひたし



セブンの『カットほうれん草』の商品裏面には『おひたし』も載っています。



【ほうれん草のおひたし】
材料
・カットほうれん草…1袋

・かつお節…適宜

作り方
①凍ったままのカットほうれん草を皿に広げ、ラップをかけずに電子レンジで加熱する(500w約3分 600w約2分30秒)。

②冷水にさらして軽く水気をきり、お好みでかつお節をかける。


(先ほどもお伝えした通り、冷水や熱を加えなくても前もって冷凍から、冷蔵の方へほうれん草を入れて解凍しておく方法もありますね。)

ほうれん草のおひたし


お好みで、セブンイレブンの水煮のさば缶を少し崩してほうれん草と混ぜお醤油で召し上がっても美味しいです。

シーチキンでもよいでしょう。
このように、おひたしを工夫してみるのも楽しいですよ。




まとめ


ほうれん草胡麻和えをセブンの『冷凍カットほうれん草』で作ってみましょう。

便利で簡単な秘伝のタレの作り置きについても説明してきました。
ほうれん草の胡麻和えでも利用できるし、インゲン豆を焼いてかけたり、おもちにかけたり、お肉を焼いたときや煮物まで一度用意しておけば、毎回調味料を合わせる手間がかなり省けます。
最後までお読みいただきありがとうございました。
また遊びに来てね。

お手軽にできるバターチキンカレーについての記事はこちら
↓↓↓↓

https://nijiito711.com/archives/1383

タイトルとURLをコピーしました