求人管理システム「リクオプ」の活用で人手不足解消はできるのか(コンビニ)

スポンサーリンク




コンビニの人手不足問題は、新型コロナウイルスで影響のあったお店以外は変わらずある問題ではないかと思います。
一店舗あたり十数人のスタッフを集めることが簡単ではないことはよくわかりました。スタッフを欲しい時間帯が埋まらないシフト…。

これが長期続くとやりがいとか根性論ではなくなってしまいます。

正直当店は今、良い方です。ただ、ここに来るまでに何度危機を繰り返したかわかりません。


   目次


1 今までの募集方法

2 「リクオプ」の活用でできること

3 人手不足解決の糸口になるか

4 「働き方別募集」のもう一つの期待

5 終わりに



1 今までの募集方法

募集は、当店の場合のみで言いますと、求人誌の掲載や店頭募集、知り合いからの紹介などでした。

そして、途中からはサイトの利用を始めたりもしました。

求人サイトがなかったときはとにかく成果のないものに経費が出ていくといった感じでした。

というのは、求人誌ですと、当店の場合、2か所の地域に募集を出さなければならないような立地店があるため経費は馬鹿になりません。

まだそれでも応募が来ればいいのですが、どの店でも人手不足と叫ばれている中では、ただ応募を出して終わりなんてことが当たり前のようにありました。

無駄な出費が出ていきます。

また、求人サイトにもチャレンジしていますが、これはある程度の期間放置しておけることや経費がかからないことは助かりますが、思うほど応募がありません。

予想ですが、他店の店も当店とそう変わらないでしょう。

同じようなことで苦戦しているだろうと思います。

そこで今回あることがわかったので、機会があったらやってみようと思う事がありました。



2 「リクオプ」の活用でできること


店に月1で届く冊子を見ていたら、まだ活用したことのない内容が目に止まりました。

求人管理システム「リクオプ」の活用は、前からやっていました。

しかし、昨年11月、リクオプに「働き方別募集」という新機能が追加されていました。

何なのかと言いますと、担当業務を絞った募集を掲載しより多くの方に募集頂けるようにする、といったことです。

例えば、コンビニエンスストアで働くことに興味があっても応募をためらうことも多いでしょう。

まだまだ働いてみたい高齢者の方もきっとたくさんいらっしゃいます。

しかし、何に対して一番不安を感じるのかと言えば、「レジ業務を覚える」ということです。まだ、オープンしたての頃はクレジットカード類を扱うことは少なくナナコカード(電子マネー)もなかったので、今より紛らわしさはありませんでした。

「レジ業務は難しそうだから、仕事はやってみたいけどコンビニで働くのは諦めようかな。」とか、「コンビニの業務は幅広いし、全てのお仕事は覚えられそうにないわ」とレジだけでなく、業務が多いからということからも、副業したい方、高齢者の方は応募してみる勇気が持てないと聞いたことがあります。




3 人手不足解消の糸口になるか


「働き方募集」という新機能を利用することで、募集の間口を広くすることができたら…。応募する側も不安を減らすことができます。

業務を選べるようにすることで、応募に対する不安のハードルが下がります。

仕事内容を知ってもらう機会やさまざまな方に働いてもらうきっかけが増えます。

「僕は近所のことはよくわかるから、配達をやってみよう。」とか、「商品の補充だったらできそうだわ」といった具合に活躍の場を店側が広げることで、応募しやすい環境が1つできるような気がします。

ですから、業務全般をお願いする、「通常コンビニスタッフ」募集とは別に、特定業務中心のスタッフを募集してみるのです。

コンビニの場合で言うならば、「商品補充スタッフ」「清掃スタッフ」「配達スタッフ」というかたちです。

数時間でも業務をこなしてもらえると助かるといった時間帯がいくつかあります。

応募者の方と店側の希望がぴったりと合えば、スムーズなスタートがきれるのではないかと、小さな可能性を感じました。



4 「働き方別募集」のもう一つの期待


もう一つこの「働き方別募集」という新機能に対して、期待していることがあります。

当店はこれから導入予定の「自動レジ」についてです。

近くの店舗ではすでに導入しているところもあり、少しずつですが店員の作業内容も変わってきています。

レジは「自動レジ」(店員はレジをうつが、お客様は会計を一人で行うもの)から、次は「無人レジ」へと移行していくことでしょう。

可能性としてはおおいにありますね。

店員がレジから離れる時代も必ず来ると思います。

もしかすると、これからは、「レジがうてる人」ではなく、「商品補充が早く出来る人」「清掃を完璧に出来る人」「高齢者の方へ毎日お弁当を届けてくれる人」などが主になってくるのかも知れません。

新型コロナウイルスの感染予防にもなる「自動レジ」。

人手不足と言われているコンビニ。いずれなるかもしれない、「無人レジ」まで導入していくことになれば、スタッフの仕事内容も変わり、人手不足と言われる時代も終わるのかも知れませんね。



5最後に


人手不足解決の糸口はまだ探り始めたばかりですが、無料ホームページ経由の応募者も少しではありますが、入って来ています。

働きやすい職場へのニーズが増加していけば、レジの導入などで募集する側される側がうまくマッチし、お互いに安定したかたちがとれることを強く望んでいます。

長文お読みいただきありがとうございました。


コンビニ
スポンサーリンク
nijiiro711をフォローする
タイトルとURLをコピーしました